2007年03月15日

背取り[せどり]とは?

背取り[せどり]とは(Wikipedia 出典)

背取り(せどり、「競取り」とも)は、書籍・雑誌などを古本屋から安く購入し転売する行為。本の背表紙を片っ端から見て本を選ぶことからこう呼ばれる。これらを行う者は古書店バイヤーであったりあるいはインターネットオークションやamazonなどで転売し利鞘を儲けにする目的で古書店めぐりをする人を指す。
その本を売って利益を得られるかどうかという目利きが重要である。

携帯で相場がわかる携帯サーチ

せどりご用達の買い切りのアマゾンマーケットプレイス用、価格改定ソフト。



私のせどりはここから始まりました。読み返すたびに発見があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。